Qcells(Qセルズ)太陽光発電システム

Q cells(キューセルズ)太陽光発電システムのキャンペーンを実施しております。

日本では、近年まで無名のメーカーでした。
Q cellsはもともとドイツの太陽光発電モジュールメーカーでした。

その歴史も浅く1999年にドイツで誕生しました。
その後、発電効率の極めて優秀なモジュールを発明するなど
高い技術力を発揮し2006年には欧州で1位、2007年には世界第1位の生産量を誇る会社になりました。
急成長に伴って設備投資を積極的に行ったのですが、ドイツ国内における太陽光発電の買電価格の変更などの要因で
需要が急激に下がったため経営が立ち行かなくなり
2012年に韓国のハンファグループに買収され、現在に至ります。
正式な社名は「ハンファQセルズ」となっております。

ですので、モジュールとしては
ドイツで生まれた韓国産というところでしょうか。

その、実力は完全に復活し、ヨーロッパにおいて“TOP BRAND PV Europe“を5年連続で獲得しています。

Qセルズの太陽電池モジュールは、卓越した低照度特性で、
国内販売メーカー最高レベルの高い発電量を生み出します。

日本においては高性能のモジュールを低価格で提供ができるといった
利点があります。

そのため、海外製の懸念点を押しのけて日本国内でもモジュールの流通量は3位と検討しています。

ただ今
九州太陽光発電オープニングキャンペーンを実施しておりますので
是非お問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です