太陽光発電システムとは?

太陽光発電システムとは?

太陽光発電(たいようこうはつでん、Photovoltaic power generation)は、太陽電池を利用し、太陽光のエネルギーを直接的に電力に変換する発電方式です。以前はソーラー発電、ソーラー電池と呼ばれる事が多く電卓などでよく目にしたと思います。

住宅用太陽光発電システムとは、太陽電池(Solar cell)を複数枚直並列接続して必要な電圧と電流を得られるようにした太陽電池モジュール(太陽電池パネル)を複数直並列接続して必要となる電力が得られるように設置した「太陽電池アレイ」をお客様の屋根や壁に設置した、太陽エネルギー利用の一形態です。

  • 太陽電池セル

  • 太陽電池モジュール

  • 太陽電池アレイ(パネル)

太陽電池を使って発電した電気は、パワーコンディショナにより直流電力から交流電力に変換することで、ご家庭内のさまざまな家電製品で使うことができるようになります。また、発電した電力量がご家庭で使用している電力量を上回った場合は、電気を電力会社に売ることができます。

また、太陽光発電の関連システムとして以下の商品がよく利用されています。
エコキュート:ガス給湯器の電気版です。自然冷媒ヒートポンプと言う技術を用いて効率的にお湯を作り出します。詳細はこちら
IHクッキングヒーター:ガスレンジの電気版です。メンテナンス性の高さや火事の心配がないと言われています。詳細はこちら
蓄電池:太陽光発電システムはその性質上、雨の日や夜間には発電することができ無いため、昼間に電気を蓄える蓄電池などを併用することでより効率的に電気を使うことができるようになります。詳細はこちら

太陽光発電システムのメリット・デメリット

太陽光発電は再生可能エネルギーの一種であり、エネルギー・環境面でのメリットのほか、経済的なメリットも有します。欠点は発電するのが昼間のみであることや、導入コストが比較的高いことがあげられます。
ただし、世界各国の環境意識の高まりもあり、積極的な導入を国が推し進めている事から、価格低減や普及促進の政策を実施しております。

メリット

  • 装置に可動部分が無いものがほとんどで、機械的にメンテナンスフリーです。
  • 分散型電源のため、災害などの有事における影響範囲を小さく抑えられ、非常用の電源となりえます。
  • 構成材料の大部分がリサイクル可能で、原子力発電のように放射性廃棄物になることもありません。
  • 他の電力施設と比較して、小規模でも効率が低下しないため、任意の規模で利用できます。
  • 需要地に近接して設置できるため、送電のコストや損失を低減できます。
  • 冷却水・廃棄物・排気などの発生がないため、温室効果ガスの発生がほとんどありません。
  • 建築物の屋根・壁面にも設置できるため、土地を占有せずに設置することも可能です。
  • 太陽光を利用する再生可能エネルギーであり、化石燃料に依存しません。
  • 出力ピークが昼間電力需要ピークと重なり、需要ピーク電力の削減に効果があります。
  • 設置国のエネルギー自給率を向上させます。
  • 再エネ発電賦課金に負い目を感じることがなくなります。
  • 強い契約により10年間の電力の固定買取制度(売電)があります。
  • 売電契約が終了した後も昼間電力を無料にしたり、蓄電池の導入で夜間の電気料金0円が実現可能です。

デメリット

  • 電気的・機械的部品の寿命と総発電量を用いて計算した場合、発電電力量当たりのコストが他の発電方法に比べて割高になります。
  • 発電電力が天候に左右されやすい。
  • 夜間は発電できず、蓄電性もありません。
  • 太陽光利用のため、設置面積当たりの発電電力量が既存の発電方式に比べて低い。

デメリットは機器性能の向上で毎年解消されていっています。

九州太陽光発電システムキャンペーン