オール電化・蓄電池

オール電化とは?

オール電化は、一般的にはガスの使用を止めてガスで行っていた部分を電気に置き換えることです。
ガスコンロを使用していればIHクッキングヒーターに置き換え、湯沸かし器をエコキュートに置き換えます。
ガスストーブなどを使用していなければこれだけでガスの使用を完全に止めることができます。

IHクッキングヒーター

IHクッキングヒーターにも種類がありますが、一般家庭で利用するのは
ガスコンロを置き換えた、ビルトインタイプになると思います。

太陽光発電にIHクッキングヒーターを導入した場合、災害時にガスや電気が止まってしまった場合にも
気にせず利用することができます。
また、ガスに比べて格段に火事に対する安全性が上がります。
そのほかに機器的な特徴として清掃が容易であったり、夏に熱源がないので涼しいなどといったメリットがあります。

もちろんデメリットもあります。
今まで使用していた調理器具に使用できないものが多く、買い替えの手間がかかります。
また、電子レンジのように電磁波が出ますので屋内の電波状況に影響を及ぼす可能性があります。
太陽光発電を導入していなければ、停電時に調理ができないといったデメリットもあります。

エコキュート

エコキュート(自然冷媒ヒートポンプ給湯機)はヒートポンプ技術を利用し空気の熱でお湯を沸かすことができる電気給湯機です。
エコキュートはオール電化にするメリットを非常に実感できる機器となります。エコキュートを設定するとき貯湯と湧き上げを夜間電力期間に設定することで安い夜間電力でお湯を作ることができ、大変な電気代の節約になります。
この深夜電力の安くなるプランは昼間の電気料金が上がりますので太陽光発電の導入や昼間電力の節約が必須です。

エコキュート
エコキュート

太陽光発電にエコキュートを導入することのメリットは上述しましたが、この他にもメリットがあります。
ヒートポンプ技術により寒い日でも効率よく湯沸しが可能で一般的な給湯器よりも省エネです。
また、最近では震災時に備えてお風呂の水をためておく事や水の買い置きを進められますが
エコキュートは断水してもタンクに数百リットルのお湯が蓄えられておりますので、買い置きせずに新鮮なお湯がしばらく利用ができます。また、非常用取水栓も備えておりますので水洗トイレなどにも利用が可能です。
災害時の復旧はガスが最後と言われており、電気の復旧は比較的早いのもメリットになります。
当然ですが飲料水にもなります。

メリットばかりのようにも思えますがやはりデメリットもあります。
急な来客などでお湯を性能以上に利用するとお湯切れが発生する可能性があります。
その場合、ぬるいお湯が出ることになるばかりか時間帯によっては
深夜電気料金から外れてしまいます。
また、耐久家電ですので10年以上のメーカー保証がありますが、15年20年と利用していると故障することがあります
その際の復旧がガス給湯器よりも時間とお金がかかることになります。

蓄電池

災害時の停電は突如としてやってくるものです。
でも、周囲が停電しているのにあの家はなぜか電気がついてTV、冷蔵庫、パソコンを使用してスマートフォンの充電もしている。

そんな光景を目の当たりにしたとき蓄電池(太陽光発電+蓄電池)をつけておけばよかった!
と思った方も多いはず

災害時の情報をいち早く仕入れるためには電気が必要です。太陽光発電+蓄電池はそんな災害時の強い味方です。
もちろん、電気代の安い夜間に充電して昼間に蓄電池の電気を使用するなどして経済的に利用することも可能です。

ニチコン、蓄電池

蓄電池の詳細を見る